サービス力向上・戦力化研修 顧客創造スキル

 

カリキュラム概要


現在の日本市場は、少子高齢化にともなうマーケットの縮小は避けられません。マーケットの縮小に伴い、サービスを安定に継続するためには、リピーターの創出が急務です。
「あそこで買い物がしたい」「あの店員のいるお店で購入したい」という動機を抱かせることが重要になってきたのはいうまでもありません。
本カリキュラムは、お客様から支持・共感を得て生涯顧客になっていただくために欠かせない、リピーターの創出に向けた実践スキルの取得をゴールとしています。


カリキュラム対象者


本カリキュラムの対象は、主に接客・販売・営業職及び、福祉・介護系サービスに従事する関係者を想定しています。


カリキュラムスタイル

  • 研修時間・・・約8時間×2(2日)
  • 講義スタイル・・・受講生との対話型、随所に現状の仕事に活かすためのワークショップ、グループ思考タイム、発言タイム(共有)あり。

カリキュラム内容

  1. お客様を覚える 
  2. よろこびを表す 
  3. 「視線」を合わせてもらう 
  4. 確認の徹底 
  5. クレーム応対について 
  6. 常に共感を示す 
  7. 相手の心に訴える 
  8. 「共通話題」の有効性(1) 
  9. 「共通話題」の有効性(2) 
  10. 気持ちを込めるとは? 
  11. 「感情」に訴える有効性 
  12. 「目的」を変えて褒める 
  13. 成果創出のポイント 
  14. 声量コントロールの重要性 
  15. お客様本位の実践における心境課題 
  16. 関係を永続させるために 
  17. 「来店頻度」にあわせた接客を 
  18. 何を期待されているのかを知る 
  19. お客様を不愉快にさせない応対力 
  20. 「提案力」を備える 
  21. 「原因」を突き止める 
  22. 「客離れ:を無くすために 
  23. 心が動かされる接客とは 
  24. 応対における柔軟性について 
  25. 感激してもらうためには? 
  26. さりげない接客法 
  27. 接客中における自己点検 
  28. 顧客化のタイミング 
  29. “通りすがり”のたしなみ 
  30. 「誠実」な接客とは? 
  31. 「注意」するときの注意点
※コンテンツの内容は、受講者の業務の内容等の必要性に応じて、適時、変更される場合があります。